歩き中心の日常生活に迫る恐怖

普段の買い物などは徒歩で済ませるようにしていて、街を歩くことが増えました。

実際歩いてみると、車や自転車を使っていた時とは違う危険が多い事に驚かされます。

子供が歩行中に事故に巻き込まれることが多いというのも、自分が歩いてみて本当に実感できました。

まず、遭遇することが多いのが暴走自転車です。

歩行者優先の道路標識があり、自転車が歩道を乗ることも可能な場所でも、自転車優先だと言わんばかりにスピードも落とさずにすり抜けていくのは、本当に怖いです。

自転車と歩行者の事故も増えている中、自分だけは大丈夫だと思っているのか、余程急いでいるのか、その胸中はわかりません。

しかし、大事故につながる危険性もあることを知らないというのは怖いことだと思います。

自転車保険に入っていない相手と事故に合ってしまい泣き寝入りだったという事例を見聞きするたびに、いつ自分がそうなってもおかしくないと考えさせられます。

そして、最近の自動車の静かさも本当に驚かされます。

ふと気が付くと手を伸ばせば触れるくらいの位置まで車が迫っていたりするんです。

ヘッドフォンなどで音楽を聴いているわけでもないし、極端に聴力が低下しているわけでもないんです。

しかし、ごく普通に横断歩道を渡っていて、左折の車が斜め後ろすぐにいるというのは、本当に恐怖でしかありません。

私の住む地域だけがおかしいと言われたら何も言えません。

でも、歩道を走る原付というのも歩行者にとっては迷惑でしかなく、面倒でもきちんと車道を走ってもらえないものかと思います。

歩行者ってなんて無防備で弱いんだと強く感じるこの頃です。

だからこそ、歩行者も最低限のルールは守らなくては、と思います。